女性用興奮剤にはどんな成分が含まれているの?医薬品成分?

女性用興奮剤の成分には何が入っているの?

女性用興奮剤の成分には何が入っているの?

女性用興奮剤は、女性の性感を高めるための薬剤でオーガズムを導くために用いられます。オーガズムは男性による射精と似ており、女性が絶頂に達することで極度の快感をもたらすべき存在として、性交の女性の目的になります。

オーガズムを感じる上では、興奮を感じることで、男性のムラムラとした感じと似たようにセックスがしたくてたまらない状態に持って行くことが可能です。女性の場合は、冷え症や貧血などの体質の方が多く、それが影響して不感症となる場合もあります。

不感症は性交自体が苦痛になり、受け入れられない状態になることも多く、明らかに不健康状態から引き起こすことも多いです。快感を生み出す上では、まずは体の機能が正常で健康状態にあることが前提になります。

なお配合されている成分については、マカ・ガラナ・コブラ・漢方薬が主流で、それによって体の血流を良くしたり、ホルモン分泌を盛んにしたり、体温を上昇させることもできます。ガラナの優れた点は、女性の疲労回復に繋がり、集中力や運動能力を向上させることができる成分です。

女性用興奮剤には必ず含まれることが多い成分の一つがガラナであると言うことができます。

他にマカは男性の場合も滋養強壮に優れていますが、女性に対しても優れ女性の健康に必要なミネラル成分・亜鉛といった必要なものを多く含んでいます。こうしたミネラルが女性のホルモンバランスを向上させることにも繋がります。

他にもコブラは毒蛇ですが、アミノ酸やコエンザイムなどの性欲に繋がる細胞の活性化にも貢献することができ、それによって性欲を向上させることが可能です。

他にも高麗人参や山椒、クルミ、冬虫夏草などの漢方の薬剤に用いられる成分が配合され、それらが女性用興奮剤に配合されます。

さらにハーブなども優れているため、それも配合されたりすることも多いです。女性用興奮剤というと体に負担をかけてしまうものが含まれている印象が存在しますが、最近は東洋医学である漢方を主体とした薬剤が多くなっています。

効果も個人差が見られることは確かですが、服用してから数時間で効果が出ることもあり、他にも服用し続けることで体の機能が改善されて、それによってオーガズムを感じやすい体に変貌するケースもあります。

女性用興奮剤は性欲向上に効果がなくても、健康体になれる栄養が多く配合されているケースもあり、女性が性交の充実を遂げる目的だけでなく継続して服用できるのもメリットです。